前へ
次へ

シミも汚れも虫食いも一切ない新品は高値が期待

不要になった着物は着物買取専門店へ出すことで、プロの査定士が鑑定をして買取をしてくれます。
査定へ出した着物は一体どうやって価値が決まるのかですが、なんといっても状態が綺麗であるにこしたことはありません。
商品は新品であり未使用であれば、それだけ高い価値を見出すことができます。
未使用であってもシミや汚れが付着をしているのは良くないですが、特に一切汚れもないと査定額にも期待は膨らむばかりです。
ほとんどの場合は一度でも袖を通した着物を、着物買取店へと出しますので、古着の着物がダメというわけではありません。
しかし着物がとても好きでまるでコレクションのように枚数を持っている人などは、いつも着る着物以外に未使用のものも意外と持っています。
未着用であっても虫食いや汚れ付きは高い評価にはなりませんが、保管環境も良く未着用品でキレイなら高値が付くので、着ないのなら売らないと損です。
着物を管理するのも意外と大変ですから、お金に換えてまた新しいものを選ぶなどするのも賢い方法だと言えます。

証紙だけで査定内容は判断できない

証紙があるから価値が高いものとは限きません。
滑らかで緻密な模様を表現する9マルキのモダンな紬、絣糸をより多く使うので高価買取されています。
織りの着物を代表する本場紬、先染め・手織りが高品質で評価されていますが、先染め・機械織りなどもあります。
紬にも織りの細かさなどで価値は色々、柄の入り、着物の生地、染めによって買取額は一概には言えません。
また、レア物となる花織りでも色々出回っていますし、同じ作家の着物でも柄の入り方で買取額は変わってきます。
拝見しなければ、こうした対応であれば良いのですが、大体いくらと値段を断言する業者は避けた方が良さそうです。
独特の柄を描く作家、落款で作家名が分かれば問題はないのですが、証紙がついているから価値があるとは限らず、査定士のキャリアも問題視されています。
証紙はあくまで証明書、本場紬は検査協同組合の指定条件に合格しなければならず、幅・長さ・打ち込み本数など、種類によって異なる証紙が貼られます。
証紙問わず、その着物生地、織り、染めにゆかりのある業者に査定に出してみましょう。

Page Top